奈良大和四寺巡礼

奈良大和四寺巡礼

安倍文殊院智恵の仏

大化改新の時に、左大臣となった安倍倉梯麻呂(あべのくらはしまろ)が大化元年(645)に安倍一族の氏寺として建立したのが「安倍山崇敬寺」(安倍寺)です。
日本最大約7mと伝わる文殊菩薩(国宝)を本尊とする安倍文殊院は、創建以来すでに一千三百年以上の時を経ていますが、現在も常に人々の信仰を集める祈祷寺としてその法灯が守られています。
境内には弁財天や奈良時代の遣唐使・安倍仲麻呂や平安時代の陰陽師・安倍晴明がお祀りされている方位災難除けの金閣浮御堂や特別史跡の古墳などがあります。
人々の願いを叶える場所として、たくさんの方が訪れ、信仰を集めています。

観光案内パンフレット(PDF)ダウンロード

境内のご案内

参拝案内 / 交通アクセス

安倍文殊院 公式WEBサイトはこちら